略歴

全国こども福祉センター創設者・理事長

(保育士・社会福祉士)

 

北海道出身、1982年生まれ。児童養護施設職員として在職中、教育や公的福祉の枠組みから外れる子どもたちと出会う。退職後は繁華街やSNSでフィールドワークを重ねながら、2012年に組織化(2013年法人設立)。子どもたちを支援や保護の受け手として迎えるのではなく「仲間」として迎え、1万千人以上の子ども・若者に実践できる環境を提供。現在は同法人理事長を務めながら、愛知県子育て支援員研修講師、複数の大学で非常勤講師を兼職。日本財団子どもサポートプロジェクト(夢の奨学金)奨学生選考委員会外部委員。近著に『子ども若者が創るアウトリーチ-支援を前提としない新しい子ども家庭福祉』(アイ・エスエヌ)、主論文に「若年被害女性等支援モデル事業におけるアウトリーチの方法」『日本の科学者』(本の泉社)。

 

Kazuki Arai|President of National Children's Welfare Center

Childcare Professional / Social Worker 

 

Born in Hokkaido, Japan, in 1982 and graduated from Nihon Fukushi Graduate University. While Arai worked at an orphanage, he met children excluded from the framework of education and public welfare. There he was forced to confront the reality of unnecessary support duplications and the inequality of opportunity.  In 2013 he founded a non-profit organization, National Child Welfare Center to welcome children as subjects of problem-solving rather than treating them as objects of support and protection. Through eight years of field work with young people in downtown areas and SNS, his organization has been providing an environment where more than 14,000 struggling young people can find their way of living by themselves. He is the author of “Outreach Created by Children and Youth – New Child/Family Welfare without Assuming Social Support” (I.SN). Major papers include "Outreach Method in Support Model Project for Young Victims" and "Japanese Scientists" (Hon no Izumisha).

 

 

施設職員時代からフィールドワークを始め、単独・単発の夜回りを始める。そこで個人による夜回り活動の限界や課題に気付く。2012年から当事者主体の予防活動を模索。一部の著名人から批判を受け、活動を妨害されながらも活動を継続する。これまでテレビや新聞で川崎市中一男子殺害事件や大阪寝屋川中一男女殺害事件・刈谷集団暴行死事件・座間市9遺体事件、JKビジネスやSNSによる犯罪被害対策について専門家・実践者の立場からコメント。講演活動や子育て・青少年支援にかかわる研修講師、複数の大学で非常勤講師も務めている。

 

専門分野:子ども家庭福祉・ソーシャルワーク

 

 Facebook:荒井和樹 https://www.facebook.com/daihyou.yuuki23

 Twitter:荒井和樹 https://twitter.com/ffc231

 

資格

社会福祉士(第68255号)

保育士(愛知県-037610)

社会福祉士実習演習担当教員講習(演習分野)

社会福祉士実習演習担当教員講習(実習分野)