略歴

児童養護施設職員として働いているときに、学校や公的福祉の枠組みから外れる子どもたちと出会う。退職後は繁華街やSNSでフィールドワークを重ねながら、2012年に組織化(2013年法人設立)。子どもたちを支援や保護の受け手として迎えるのではなく、仲間として迎える。年間2千人以上の子ども若者に実践できる環境を提供。現在は同法人理事長を務めながら、愛知県・岐阜県子育て支援員研修講師、複数の大学で非常勤講師、奨学金受給者を対象としたソーシャルワーカー、日本財団夢の奨学金奨学生選考委員会外部委員を兼職。近著に『子ども若者が創るアウトリーチ-支援を前提としない新しい子ども家庭福祉』(アイ・エスエヌ)、主な論文に「若年被害女性等支援モデル事業におけるアウトリーチの方法」『日本の科学者』(本の泉社)がある。

 

全国こども福祉センター創設者

保育士・ソーシャルワーカー(社会福祉士)

北海道出身  修士(社会福祉学)

 

 単発・単独の夜回りではなく、人材養成や組織的なアウトリーチ・予防活動(着ぐるみを活用した仲間づくり、非行予防活動)が評価され、教育機関や報道番組等で紹介。2015年に発生した「川崎市中一男子殺害事件」「大阪(寝屋川)中一男女殺害事件」「刈谷集団暴行死事件」といった少年事件のほか、「JKビジネス規制」「座間市9遺体事件」「自殺防止」などで実践者、研究者の視点からコメント、取材協力をしている。

 報道では対症療法や監視・規制といった事後対策のコメントを求められるが、粘り強く早期介入や未然防止、対話の必要性を伝えている。

 

資格

社会福祉士(第68255号)

保育士(愛知県-037610)

社会福祉士実習演習担当教員講習(演習分野)

社会福祉士実習演習担当教員講習(実習分野)